人に寄りそう政治

家族が食卓を囲んで微笑み合う。そんな小さな幸せを守りたい

県政から国政へ

家族が食卓を囲んで微笑み合う。そんな小さな幸せを守りたい

県政から国政へ

家族が食卓を囲んで微笑み合う。そんな小さな幸せを守りたい

政治信条

16年間銀行で中小企業や商店の融資を担当してきた私は、大企業優先の経済施策により景気回復を声高に叫ぶ政府自民党が、 どうしても正しいとは思えずにいました。日本の法人の約80%が社員30人以下小さな会社です。社員数100人を超える大企業は、1~2%しかありません。
中小企業や商店が、この国を支えているのです。
しかし、IT長者、株長者が社会の寵児のようにもてはやされ、毎日懸命に働いて社会を支えている小さな会社が「負け組」のように言われる世の中。どう考えても間違っています。

家族で食卓を囲んで微笑みあう。そんなささやかな幸せすら脅かされる苦しみを、銀行の融資担当という立場で目の当たりにする中、「私にできることがあるはずだ」と政治を目指しました。

「政治に夢を持てなくなった時代」と言われています。
かつて、多くの政治家が、日本を世界一の経済大国にするとか、日本全国に高速道路網を張り巡らせるとか、大きな夢の風呂敷を広げて見せました。

これからの政治にできること、そしてすべきことは、国民の日々の生活を守ることだと思います。そして、そうした小さな幸せの上にこそ、豊かな国家は成り立つのです。

政治家や役人が、公より己を優先するように思える事件が露呈し、政治への不信どころかあきらめや失望が蔓延している中、真剣に人生をかけて政治改革に挑むことこそ、これからの議員に求められる姿勢だと信じ、己の責務を果たしてまいります。

国政への想い

新型コロナウイルス対策に追われるなか、官僚への不適切な接待や政治家の汚職など、相次ぐ事件が政府への信頼を揺るがせています。歴代最⻑となった安倍政権を引き継いだ菅総理も、国⺠に⾃粛を求めながら⾃らが会⾷をしたり、感染拡⼤の兆しが⾒えるなかで、GoToキャンペーンを強⾏するなど、ちぐはぐなかじ取りが⽬⽴っているように思います。安倍政権下でも、安全保障関連法、組織犯罪処罰法、⼊管難⺠法などの強⾏採決。うやむやの幕引きとなった森友・加計問題や統計不正問題、県⺠投票を無視した辺野古への⼟砂投⼊など、⼀体どちらを向いて仕事

をしているのかと、疑念を抱かざるを得ない状況がありました。市⺠・県⺠のみなさんからも「政府はどうなっているのか」「おかしいだろう」という声をいただくことが多くなっています。⾔うまでもなく、政治は誰もが安⼼して暮らせる社会、誰ひとり幸せをあきらめない社会をつくるためにあります。

特にコロナ禍では、国⺠の命と暮らしを守ることを最優先に、迅速に⽀援を打ち出すことが重要です。そんな当たり前の県⺠視点を国会に届けるため、全⼒で活動を続けてまいります。

   

3つの基本姿勢

01
公正公平な政治

不正を許さず、公正で公平な国政を追求。職員のコンプライアンスを高め、無駄のない効率的な行政運営を促進。

02
正義を貫く国会

国民の利益を第一に国の施策を厳しく審議。議員定数の削減や議員報酬の見直しなど、傷みをひるまず国会改革を促進。

03
人に寄りそう政策

国民を守ることがすべての施策の先頭に位置づけ、県と連携をとりながら、国民に寄り添う施策を推進。